2018-04-29

popup shop営業時間 訂正のご案内

営業時間 訂正のご案内

sunsetclimax ✖︎ INOUT
popup shop
4/28〜5/6(5/1.2は休業)
OPEN 12:00〜18:00

OPENは12:00〜20:00とご案内しておりましたが
18:00までとの誤りがございました。
本日18時以降にご来店くださったお客様に大変ご迷惑をおかけいたしました。

謹んでお詫びと共に訂正させていただきます。

皆様のお越しをsunsetclimax スタッフ、INOUTスタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

 

2018-03-22

gear

間もなく本格的なシーズンイン!Tarpの本領発揮ですね!

本格的なシーズンインも、もう間も無くですね

今年は何処へ行こうか

誰に会えるのかな

 

出逢った時はよろしくね

 

どうもTです。

 

シーズンインとなれば気候も暖かくなり

あっという間に夏が来て今年も太陽サンサンで暑くなるんですよね

 

そんな中、Tarpの活躍も頻繁になっていくと思います

 

お陰様をもちましてsunsetclimax発進と共にTarpも01、02、03と

既に3タイプを出させて頂いています。

 

 

 

 

今後もTarpを出して行く中で生地の特性をご説明

 

まずフォルムに関しては、しっかりとした化繊生地で有るにも関わらず

伸びがある事で生地をある程度のテンションを掛けて綺麗に張れる事が出来ます。

 

それに、この厳選しました白過ぎないオフホワイトなカラー

これにもちゃんと理由が、、、

テイジン

 

今まで所有しているTarpはどれもシッカリとした色味が付いている物ばかり。

でもその瞬間の思いが無ければ不思議に感じなかったんです。

 

それは食事をしている時、

ふとTarpの下に並べられた食材や料理がTartpの生地色によって

色味が一緒に感じたんです。

 

それまでは色鮮やかな食材であったのに、、、

特に昼間はそれが顕著に表れるんですよね。

 

スーパーの食品売り場でも光を食材に当てる時は、色味や温度や明るさ等かなり気を使う設計を行います。

 

そんな中、自然な色がハッキリ明るく演出される色にしたいと常々思っていたsunsetclimaxのTarpの色味は既に決まっていったんです。

 

ですから、あまりに白すぎる白では無く、太陽(日光)が生地を透過した時に明るくも暖かみが感じられるオフホワイトになったんです。

オフホワイトでも色々と厳選はしたのですけどね(汗

 

それに、これも重要な要点!

人の顔がハッキリ明るく目に写るんです。

だからTarpの下では会話が弾むんです(笑

 

そんな明るいタープだからって紫外線が、、、

なんてお話も良くお聞きするんですが

実際に生地の紫外線遮蔽率は100%近い試験結果も出てるんです。

 

日焼けやシミソバカスの原因の1つである紫外線は最近の環境からすれば気になる要因ですよね。

 

でも決して影が出来るもの、影が濃く出る事だけが紫外線に強いって訳でも無いんですよ。

 

明るくても紫外線の遮蔽率が高さは、

紫外線に強いポリエステル生地もさる事、紫外線は生地の隙間から入り込んでくるものですから、そんなに厚い生地にしなくても、織り密度が高いこの生地だからこそのなせる生地なんです。

 

透過率が有るのは可視光線、目に見える明かりなんですね。

 

そんなsunsetclimaxのTarpは、ジリジリと焼け付くような日差しを避け、タープの下は涼しく感じると多くの方が体感頂いてます。

 

 

しかも、ピンと張れる生地のお陰で風が吹いてもバタつかず、風はタープの下を通り抜け心地よい風の抜け道ともなります。

 

環境に優しく、高機能で、綺麗に張りやすいタープを今年も是非体感ください!

 

そんなタープのカラーバリエーションモデル

今までの01タープがナショナルカラーのレッド×ホワイトでしたが

ちょっとした衣替え。

限定では有りますが

ブラック×ホワイトバージョンを販売します!

 

以前からこの配色を望まれる方も多かったはず

密かに反響のあったグロメットの黒染め加工を更にスライダーへも施し、

 

 

タープのエッジラインもブラックに変更。

 

 

グッとシャープでシックな装いになりました。

 

グロメットの黒染め加工についても一つ一つ染め具合も変化しており、どれ一つ同じ物はありません。

 

ケースも限定仕様にし、収納された姿も今までとは違った精悍さを増した大人な雰囲気のTarp。

 

東レの66ナイロンを使った生地は深い光沢感があり、高級感と存在感を醸し出しています。

 

更に機能面としても引裂き磨耗強度く耐熱性にも優れている為、本体にも負けずの高機能を纏い

ギアの名前に負けないアイテムとなっています。

 

そんなTarp01 Black – Limited Editionは、、、

sunsetclimaxのオンラインショップから

https://www.sunsetclimax.net/tarp01-black-limited-edition/

4月に数量限定

販売を致します!是非宜しくお願い致します!!

 

※CopyRight (C)2018 sunsetclimax inc. All Rights Reserved

 当サイトの内容、テキスト、画像等を許可なく無断での転載・使用を禁止します。

DSC_6060

2018-01-20

gear

新発売情報 JisugiCup L 販売開始!!

先日、今年初の
石油ストーブをテントイン状態での
テン泊しました。

朝方、テントの隙間からの冷気でテント内は極寒

朝起きるに起きれずに人に起こしてもらおうと

シュラフに引き込もりました、、、

どうもTです。

みなさん

寒いですよね

ホント寒いですよね(汗

こんな時は暖かい飲み物でホッコリ

かじかむ手にじんわりと伝わる暖かさが

この時期の心に染み渡ります!

そんな中で、アウトドア雑誌でも発表され

既に数多くのお問い合せを頂いております

Jisugi Cup L がこの度、満を持して販売となります!

 

以前より手にシットリとシックリこのカップの持ちやすさについては

多くのユーザーさんよりお声を頂いておりましたが、

使用していると
「もうちょっと多くの容量が欲しい!」
「食事の器にもつかいたい!」

などなど、、
嬉しい事にカップの使い方に関して多様性が出てくると同時に
ご要望を頂く事も増えて来ました。

以前より我々もこのカップのもつポテンシャルは感じていましたし
それならば!皆様のお声にも反映致し是非!!と、
軽くて、持ちやすくて、個性があり、そして容量を多くした
Jisugi Cup L が生まれました。

勿論、その個性的でシンプルなスタイルは引き続き持たせたいので、

ただ大きくするのでは無く、これ以上大きくすればバランスを崩すギリギリのスタイルを保ちつつ
今迄と同じく女性にも男性にも持ちやい形状を限りなく追求しています!

 

それに、持ち手が無い事で持ち運びの際には収納良さもあるんですよ!

 

 

 


またまた微妙な調整に何度となく試作を繰り返しました(泣

是非違う大きさを2つ並べて見比べて頂きたいです。

製作は原生林も存在する神秘な島のmade in YAKUSHIMA
同じく屋久島で製作拠点を持たれ活動をされておられる
屋久杉工芸作家の
鹿島重人(SHIGETO KASHIMA)さん
にお願いをしております。

気になる大きさですが
サイズ:直径100mm×高さ85mm
容量:約200ml

以前より約60~70ml程増えてます!

 

 

 

材もこだわりにこだわり抜いた屋久島の間伐杉を使用、環境や自然にも貢出来る材料です!
現地の方達はこの間伐杉を‘地杉(じすぎ)’と呼びます。

Jisugi Cupの名称もこの‘地杉’から頂いています。

その間伐杉も、勿論樹齢を重ねれば立派な屋久杉へ変貌されますから
屋久杉のDNAを引き継いでいる杉材なんです!

ですから通常の杉とは違いリラックス効果の高い香りの成分含有量も非常に高く、木の模様となる木の年輪も色濃く個々に柄が表れてます。

使い込んでいけば杉の樹脂成分と合わさって艶やかに時と共に変貌していき、
木と同じように共に成長するようにも感じられます。
その香りは特に最初の1杯で強く感じ取れると思います。
是非皆さんのお手に取ってお茶やお酒にスープなどの食卓などなど
思い思いのライフスタイルに合わせて、色々感じながら楽しんでみては如何でしょう?

 

勿論、タープ生地と同素材の‘L’専用ポーチもオプション販売されますのでご一緒に如何でしょう!

 

 

さぁJisugi Cup Lは

1月23日火曜日の19時からsunsetclimax オンラインショップで販売スタートです!