2018-10-04

others

Tarp01で念願のGマークを取得!!(GOOD DESIGN AWARD 2018)

2018年も、もう残り3ヶ月を残す程

すっかり秋めいて来ましたね

 

そんなワクワクが始まる

秋のこの日

更にご報告の事がございます。

 

どうもTです。

 

ご報告です。

 

受賞いたしました。

 

何が?ですよね

 

そうです。

 

なんとあの

皆さんご存知グッドデザイン賞を受賞する事が出来ました

あのGマークは皆さんもどこかで見たりしていると思います。

とても有名な賞ですね!

 

しかも我々のフラッグシップ

Taro01で今回グッドデザイン賞を頂きました!

 

これも、誰から見ても良い製品を作りたいと言う考えのもと

この製品を製作するにあたり共感し賛同をして下さった

各資材メーカー様、縫製関係の会社様、

各媒体でのご紹介頂いたメディア関係の皆様、、、、

それになによりTarp01を購入して頂いた皆様。

皆様の応援や励まし、お力によって

Tarp01は日本、世界を代表する名誉ある賞を頂く事が出来ました

有難うございます!

 

グッドデザイン賞とは

文字通り『優れたデザイン』に対して贈られる賞なのですが、

毎年何千件と応募が有るんです。

その中から選ばれた事は本当に嬉しいとしか言いようがありません。

 

この賞に応募されている方々には

開かれた賞とはいえ皆さんご存知の超一流企業さんのデザイン部署から会社を上げて

応募なんてのも沢山!

私達みたいなガレージブランドに取っては少々肩身が狭い感じも(笑

 

 

 

本当に長かった、、、

2018年4月から応募そて約半年と長い審査期間がございまして

半ば難しいと諦めてもいた所でした。

しかし、、、

どこか、この製品には誰もが納得していただける

美しいデザインと高度なスペックを持ち合わせている事、

グッドデザイン賞の理念

  1. 人間
  2. 本質
  3. 創造
  4. 魅力
  5. 倫理
  6. に当てはまるという想いと製品にかけた想いだけで

自信というか『もしかしたら、、、』という気持ちの間で

なかなかこの賞の結果を忘れる事が出来ませんでした。

 

製品開発には、かなりの時間と労力を費やしました。

一時は断念する事もあった程です。

 

ですが日本の国内生産を貫き、JAPAN QUALITYを信じ

色々な方の賛同、御協力により完成するという経緯があり

何かその証が欲しいと思い続けておりました。

 

そのグッドデザイン賞に今回、私達sunsetclimaxのフラッグシップと言える

Tarp01が受賞出来た事は本当に嬉しく思います!

 

受賞した際の

審査委員からのコメントにつきましても

素材開発に始まるタープ性能の探求に加え、ガイロープ、スライダー、グロメット等、製品を構成する細部に至り美意識が貫かれている点を高く評価したい。タープの生地はストレッチ性を備えており、ピンと張られた際のフォルムも美しい。

自然の中で使用される道具の美しい姿が妥協することなく探られており、結果してアウトドアのレジャーの楽しみ方をい広げる製品となっている。

と、その的確な嬉しいコメントも頂戴いたしました。

 

1つ1つ着実に審査を合格通過していくにつれ次第に確信へと変わり、、

なんと今こうして皆さんにご報告が出来る経緯となりました!

本当に有難うございます!

これからも是非

Tarp01

sunsetclimax

をどうぞ宜しくお願い致します!

我々もこの賞に甘んじる事なく

これからも皆様のアウトドアライフを豊に楽しく優雅に仕るべく

邁進していく次第です!

次は、

長年愛され支持されたデザインに与えられる

ロングライフデザイン賞を目指したいですね!

 

 

10月31日から11月4日まで

東京ミッドタウンにて受賞展(GOOD DESIGN EXHIBITION 2018)

が開催されます。

実際にタープを立てての展示はされませんが展示はされております

色々と受賞作品の展示もございますので是非足を運び下さいませ!

 

※グッドデザイン賞とは

1957 年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「G マーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

http://www.g-mark.org/

 

※CopyRight (C)2018 sunsetclimax inc. All Rights Reserved

 当サイトの内容、テキスト、画像等を許可なく無断での転載・使用を禁止します。

2016-05-09

others

奥深いけど身近 和紙の世界を訪ねに…

 

日本を漢字一文字で表現すると‘和’になるのは

皆さんご承知との事。

古くから使用されている言葉。

 

他にも例えば

和食、和服、和牛に和菓子…

辞書で引くと‘やわらげる’や‘なごむ’なんて

なんだか日本を象徴する字としてもですが、

やっぱりと言うべきの素敵な字ですよね。

 

今日はそんな‘和’の言葉の中でも

‘和紙’の世界で活躍する

WACCA JAPANの代表、森崎真弓さんにお会いした時のお話です。

 

改めまして

どうもTです。

 

 

場所は東京品川区戸越

あたりは古くからの家々が隣接する品川の中でも

どことなく下町を感じる町。

2車線の道路沿いには

いかにもという隣にコインランドリーが並ぶ銭湯があったり、

側の道角には今では早々見られない対面式のタバコ屋さん…

奥には、おばあさんが猫と一緒にいそうです(笑

 

そんな町中から一つ…

車1台がやっと入れそうな脇道を入った住宅地の中、

スッとした感じのモダンな建物の1階にWACCA JAPANのショールームはあります。

 

普段は平日のPM6時までの営業ですが、

この日はお披露目も兼ね夜9時までの展示会を開催。

 

表には看板が一つ注視していないと通り過ぎてしまいます。

 

入り口を一歩入れば途端に、ここが住宅地の中とは思えない、

和紙の世界へどうぞとばかりに出迎えて頂けます。

 

 

 

 

 

ところ狭しと思われがちな数ですが綺麗に陳列され

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つの柄にも見えてくるほど!

その世界の中で森崎さんが和紙のお話を丁寧にも分かり易く楽しくプレゼンしてくれます。

 

和紙だけかと思え‘韓紙’なる韓国の和紙の様なものもあったり、

中央テーブルの引き出しを開ければシックなものから色鮮やかな和紙もズラッ!

 

 

個人的に数量限定ですが韓紙の封筒とカードセットに釘付け…ラブレターなんて出しても良いかも…なんて

ちょっと本気でトキメイちゃいます(笑

 

又、和紙のサンプル帳なるのも!!

これ、見ているだけでも楽しくなりますね!

 

 

プレゼントにも良いかも?!

 

 

もともと同じデザイン学校時代を過ごし

先日にはコラボレーションという形で、

Jisugi Cupのパッケージを和紙で表現して貰いましたね。

詳しくはブログで↓

http://www.sunsetclimax.com/column/date/2015/10/

 

WACCAのコンセプトは『現代ライフスタイル+和紙の専門店』

‘和紙の魅力を気負いなく多くの方に味わっていただきたい…’

お話を聞かせていただきましたがその言葉通り

‘和紙=書く為の媒体’を超え生活の一部として家具やはたまた建材としても

今までの和紙に対するイメージを覆す提案をされています。

 

お店の中では和紙を使用した行灯も優しい光で空間を演出されています。

 確かにこんな使い方もあるよね。日本人だからかな?何だか落ち着く明かりですね。

そんな和紙の多様化、

これは面白いです!!

和紙の知識を持ち合わせなくても全然大丈夫そうですよ!

特別な贈り物のパッケージでも最高です。

オンラインで和紙の販売もされています

http://waccapaper.shop-pro.jp

 

個人でも企業さんでもまずは訪れてみてはどうでしょう?

現代のライフスタイルへ提案するブランドですし、

きっと森崎さんがきっと面白く相談に乗ってくれるはず!!

気づいたらWACCAワールドへと!

 

例えばカバンなんて無理?とおもっても既にあるかも…?

どうかな?森崎さん!!

 

※この訪問後に

 なんと現在では和紙をラミネートにした鞄ブランド‘SUUQ’スークも誕生してます!

http://www.wacca-paper.jp/#!suuq/cmlmd

 

お忙しい中有難うございました。

いつかイベントで紙漉き体験のワークショップやれたら面白そうですよね!

 

この日はやはり‘和’紙ですね

思わず時間も忘れ心を‘やわらげ’なごんで’しまった訪問でした!!

 

 

プロフィール

株式会社 WACCA JAPAN

住所:〒142-0001東京都品川区戸越1-26-24

 

 

WACCA JAPANとは…

和紙の魅力を、気負いなく多くの方に味わっていただきたい…

という思いから、和紙の専門店、WACCAが生まれました。

和紙はナチュラルで、とてもシンプルな素材です。

 

新しさと伝統のどちらも兼ね備えた、面白さと奥深さがあります。

日本各地で作られた、独創的な美しい和紙の数々をご紹介し、

現代のライフスタイルでご活用いただけるご提案をいたします。

http://www.wacca-paper.jp

【facebook】

https://www.facebook.com/waccapaper/

 

代表取締役 森崎 真弓

1975年生まれ。1996年桑沢デザイン研究所リビングデザイン科卒業。

デザイン事務所勤務を経て、2001年よりフリーランスのグラフィックデザイナーとして活動。

カタログ等各種印刷物、CI、パッケージデザイン、VMD(売場提案)、ラッピング提案などを手がける。

和紙の武家文化である「折形礼法」を山根折形礼法教室にて学ぶ。お免状「許し」「秘伝」を取得。

 

DSC_9673

2016-01-12

others

2016年こんにちはで、おめでタイ!!

 

おくればせながら

 

あけましてあめでとうございます

 

旧年中は有難うございました。

今年もsunsetclimaxをどうぞ宜しくお願い致します!

 

どうも

あけおめ!!

Tです。

 

早速ではありますが

今年のスタートから楽しむ全開で行くために

お正月あけて間も無く

デイキャンプをしながらスタッフ会議をしてきました

 

仕事です。

 

思いっきり楽しんではいますが(笑

 

朝早くから千葉県某所のキャンプ場にて

 

1月だというのに

行きどころか

なんと…

最高気温15度!?

 

お陰様で

Tarpが大活躍!!

他でロッジ型やシェルター型のテントでヌクヌクキャンプの皆さまを横目に

まさかのオープンターーーーーープ!!(笑

予想を裏切るポカポカ陽気に

話も弾み会議(?)を絶好調!!

おせち料理にちょっと満腹気味だっため

軽めの食事を用意しましたが

陽気のせい?お腹も減ってきました(泣

こんなことならガッツリ用意して

泊一キャンプにすればよかった…

 

で、

何を用意しましたかというと…

軽めの

ザ!たい焼き!

そう!TAIYAKIです!

 

最近何かとお手軽でホットサンドに頼りきりで…

 

来たよ時代が!!

ホットサンドに変わるキャンプでの料理!

た・い・焼・き

もうたい焼きはフードコートや老舗専門店で買う時代は終わりました。

多分。

 

自分で作っちゃうんです!

それもお外で!

 

 

屋台雰囲気で!

 

意外と簡単なんです!

家族でお子さんも喜びます!

カップルで共同作業!

友人同士で!各自でいろんな中身を用意して!

ロシアンたい焼きなんかどうです?(笑

 

用意するのは

特に本格的な味を目指すなら

鋳物のたい焼き機をお勧めです!

私鋳物好きなんで初めからこれと決めていましたけどね〜

焼き上がりもなかなかです!

 

生地も家で粉を調合して

密閉度の高いボトルに入れて用意し

 

現地で卵を混ぜて

 

あとは卵と水を一緒に混ぜるだけ!

小麦粉に砂糖、重曹かベーキングパウダーをサックリと混ぜ合わせれば出来上がり!

 

あとは、

中身は御自由に!

今日は、

‘お好み焼き風’

‘チーズ’

‘ピザ風’

‘オリジナルアップルスプレッド’

の計4種!

 

ポイントは

初めの生地は半分程度で十分!

中身を入れて生地をかぶせたら溢れてしまいます。

焦る気持ちとは裏腹に落ち着いて…流石に震えます

 

・お好み焼きは

キャベツの千切り、ベーコン、紅生姜にソースとマヨネーズ

 

・チーズは

とろけるチーズに大胆にもお腹にに6Pチーズを入れたりして

 

・ピザ風は

市販のピザソースにハムとチーズ

アクセントにバジルソースを入れても良いかもね!

・アップルスプレッドの作り方は…

内緒で…

いつかキャンプをご一緒した時にお教え致します!

 

中の具材を入れてその上にも生地をかけ、

そうっと大胆に蓋を閉めれば…

 

出来上がりはこの通り…

パリっの薄皮仕様!!

羽根つき!!

 

どうです楽しそうじゃありません?

味も最高で…

おめでタイ!!

 

さぁ今年も楽しく美味しいキャンプ料理にチャレンジしていきますよ!