2019-05-29

gear

新装‼︎ Jisugi cupの誕生です!

暑い
暑すぎるぞ!

どうなっているだJAPAN

まだ5月

夏じゃ無いよね

これじゃ体がもたない

美味しい物でも食べに行こうっと

どうもTです。

ご無沙汰をしております
今回は改良したjisugi cupのお話

Jisugi cup
の名前は「地杉」から来ています
その材でもある地杉は鹿児島の先
とても神秘的な森が広がり、その森には樹齢数千年の杉が生い茂る
「屋久島」から届いています。

 

 

最近でも特にその魅力溢れる島へは多くの方が森を散策したり本格的なトレッキングを
体験したり、又は希少な野生動物を観察しにと人気のある観光地ですよね。

そんな魅力溢れる島の地杉、、、
地杉とは
端的に言うと人の手によって植林された杉の事を言います。
地杉は生活に密着した材料で建材を始め家具等にも広く使われています。

屋久杉とは違うの?と良く聞かれるのですが
ハッキリ言いますと
違います、、、
でも、それもまたチョット違うんですよね

それはですね、、、
杉の苗を植林しているのでも
「屋久杉の苗」を植林しているのです。

屋久杉は通常樹齢1000年以上の屋久島に自生する杉の事なのですが
今は既にこの屋久杉は伐採を許されない杉なんです!

 

今、世の中に工芸品や家具などの製品で屋久杉をうたっている物は全て土埋木(ドマイボク)
という天災等で倒れた木などを使った物なんです。

かと言ってJisei cupで使われている杉は先に言った通り屋久杉とは違うんですが
実はその生きた地杉には屋久島の息吹がしっかりと吹き込まれており屋久杉のDNAが芽生えています。

特に耐候性に必要な杉特有の油分量や香りなどの有効成分が通常の地杉より多いとも言われています。
ですからきっと「屋久島地杉」はそのまま1000年を迎える事が出来れば
屋久杉の苗だからこそ「屋久杉」と同じ存在にもなれると言う事ですよね!

これはハッキリと言えるのは通常の地杉とは全く一線を画す存在なのです!

その素晴らしい材料でもある
「屋久島地杉」を使ったJisugi cupを通して屋久島をより多くの方へと世界へ届けたい思いから
誕生しました。

今日、この時も新しい地杉のアイテムを考えている今
改めてJisugi cupも装いを新たに進化します!

今まで大変好評を頂いておりました
タープ 等で使用ているロープを指かけにした仕様ですが
更に使いやすく形状を追求してみました。

更に今までオプションでご用意していた
巾着ケースですが、ご購入の皆さまに大切にカップを保管してもらえる要、同梱とさせていただきました。
材質は手触りの良い人工スエードに、タープでも使っている組紐を組み合わせ上質な仕上がりに。

 

 

箱もサンセットクライマックスのロゴが印字されている、上質な黒の専用箱。
プレゼントなどで贈る際にもきっと喜ばれると思います。

これからも屋久島の息吹と溢れるストーリーを
Jisugi cupは皆さんの所へとお届けします

Jisugi cup JIsugi cupL
をどうぞ宜しくお願いします!

2018-11-05

gear

新製品情報 満を持してTarp04販売開始!!

先日

2回目のユーザーミーティングを開催

多くの方にご参加いただきました

無事好評のうち終了!

 

ありがとうございました!

 

どうも

イベント中

みなさんとお会いできる事が嬉しく

ついつい話し込んでしまいました

 

どうもTです。

 

 

さぁ

そのイベント中最もみなさんが

ご注目されたアイテムの一つ

新ラインナップとされる

新型タープ

‘04Tarp’のご紹介です!

 

早くからsunsetclimaxもこの形状に当初よりかなり注目、

ウイングタイプのタープは‘02’としてラインナップされていました

02はソロから2人用として想定されたタープ。

01と共に一つの少人数キャンプスタイルとして提案をしてきました。

そのその設営のしやすさから一番人気の01(ヘキサタイプ)に徐々に肉薄する勢いとなり

一時は02が人気を独占するシーズンもありました。

 

特にカーサイドにこのタイプはうってつけの

形状とサイズ感と構造にウイングタイプ大人気となりました。

 

そんな中、

多くの方から

「このスタイルのままもう少し大きなサイズが欲しい」

こんな声が私たちのところへ届く様になり

それならば!と

以前よりいつかはラインナップを早い段階から企画、計画

していたので用意はしていたものですから

このタイミングで満を持して新作発表とさせていただきました。

 

屋根というのは不思議なものですよね。

あるのとないのでは大違いですし、

しかも大きければ大きいほど安心感は増すのです。

が、おおきければ収納も大きくなるし重さも増します

今回04のサイズに関して一番我々が気を使うコンセプトでもある

‘携帯できる別荘’の見合うバランスのとれたサイズと携帯性には

とても気を使いました。

ただ大き過ぎてもダメ、一番美しい形状が保てるウイングの最大引き出し指数を計算。

このサイズがベストというギリギリを出すことに苦労しました。

(実際使用感を確かめるために外の環境下で何度も試し張りを、、、)

 

ただタープの大きさを大きくしたのではなく

タープの下にはテーブルやチェア、いろいろなアイテムが置かれることも想定しています。

快適性を保つためには色々な条件のもと開発をしています。

そんなタープだからこそ

実際のタープを見ていただければ

おのずとその使用感、やスタイルが一見してお分かりいただけるのではないかと思います。

 

そんな我々sunsetclimaxの熱いもの作りを反映されたタープ

01、02、03と来ましたが、またちょっとキャンプ場の注目を浴びるアイテム

自信を持って皆様にお届けできる新しいアイテムに仕上がっております!

 

今回の04タープのエッジカラーは

大人な深い青、いつまでも長く愛用できるアイテムのデニムのような青

そう

‘インディゴ’に似たカラーを採用。

ロープも04カラーに合わせ専用カラーで!

 

特に現在タープと共に人気のあるポール

‘シャンパンゴールド’と合わせるとなんとも清々しくも落ち着いた

その組み合わせはまるで

現代的でもありながら古き良きライフスタイルを感じさせます。

 

 

がっつり2泊キャンプは勿論のこと

その日天気が良いので軽くデイキャンプ(日帰りキャンプ)なんて

のにもその実力はおおいに発揮されるでしょう。

 

先日のイベント中でユーザーの皆様にその実物の下

実際にその04の合うタイルを体感をしていただいたところ。

‘完璧!’のお墨付きをいただきました。

 

これからもっとタープがメインなキャンプスタイルが発展していく

予感が!

 

 

そんな04タープの販売は

11月9日(金)19時よりsunsetclimaxオンラインショップより販売!

 

https://www.sunsetclimax.net/tarp-04/#cc-m-product-15154541322

 

※CopyRight (C)2018 sunsetclimax inc. All Rights Reserved

 当サイトの内容、テキスト、画像等を許可なく無断での転載・使用を禁止します。

2018-09-25

gear

今回Poleの更なるクオリティを上げるべくマイナーチェンジを!

9月も下旬となるとすっかり秋めいてますね

 

色々な事に興味を掻き立てられる季節

もしかしたら1番好きな季節。

 

どうもTです。

 

そんな秋の夜長には

寒くも無く暑くもないシーズンジャストなギア

タープを出して満月を見ながら季節を感じてみませんか?

 

『こだわりの物』(気持がとらわれる物)

今、こだわりと言える物が自分の周りにどれくらいあるのだろう?

大満足し人にも勧めたい物、惜しいと感じてしまう物。

作り手に関しても同じで、こだわってしまうあまり

世に出した製品でも時間が経つと更に向上させてみたくなる物があります。

私達sunsetclimaxも同じくいつまでも製品クオリティを追求しています。

自分達の感覚や経験から改良を進めることも有れば、ユーザーさんからのフィードバックされたお声を元により使いやすくクオリティを高く進めています。

 

現在sunsetclimaxもお陰様で色々なアイテムをラインナップさせて頂いてます。

そんなラインナップで最近特にご好評を頂いているポールに関しては、

sunseclimax特有のギミックを使ってまいりましたが

この度、更に強化するとともに気になっていた部分に対し改良を施しました。

 

初代からポールの連結部分に関しては出来るだけしっかりと固定をさせ力強さと安定感を保つよう、ネジ式にして来ました。

今回よりハードなのに組み立てやす出させる為ネジのピッチ数と幅を変更。

更にジョイント部分の材質をより硬度が高いジェラルミンに変更する事で接合部の組み立てやすさ以前より向上に繋がっています。

 

今、先端パーツはアルミとステンレスのパーツ同士を組み合わせています。

その部分を一体型にする事で更に強度を上げるべく今回、一体成型、削り出しのパーツに変更。

 

材質的にもステンレス(SUS304)を一体型にする事で強くなっています。

物にもよりますがパーツ同士を組み合させる事よりも一体成型の物にした方が破損や変形のリスクが減ります。

その一体型らしいズシリとした重厚感から来る高級感は手にした方にしか分からない感覚です。

 

又、今回に於いては磨き工程を再度見直し磨き専用の工場で対応、更に専門に綿密に美しい輝きのクオリティが上がっています。

全てがジャパンメイド。

 

金物で有名な新潟、研磨は茨城、組立は埼玉と各所のプロフェッショナルな方々のご協力により

1本のポールが完成しております。

 

 

今回、各所の改良に伴い価格も上がっております。

是非お分かり頂きたいのが

確かに値段だけを見たら決して安い製品とは言えません。

しかし、

ポールが出来あがるまでには色々な方の作業工程が有り、手間と時間をかけ製作をしております

今回、今までのポールとは材質から構造を変えたことによって格段に使いやすくなっております。

 

世の中他の製品を見ても車やゴルフのクラブなどなど

同じ類の製品でも安価な物から高価な物までラインナップされています。

ですが、価格にはそれに比例する魅力や理由があると思います。

 

実物を見て頂いている多くの方からは納得のお言葉を頂いております。

今までに無いポールの日本特有のクオリティを是非実際にお手に持って感じてみてください!

 

 

sunsetclimaxのポールは、大変嬉しい事に多くの方からお問い合わせを頂いております。

生産に関しましては1本1本丁寧に製作をしております為、今もお時間を頂いており

お待ちをさせてしまっている状況でございます。

大変申し訳ございません。

 

マイナーチェンジされたポールは

9月28日にオンラインより19時より発売を致します。